用語解説 蒼海編

蒼海(おうみ)

朱里国の北に位置するのどかな水の王国。水流の青龍によって守護されている。
他国に比べてかなり低温な気候であり、夏でもわりと涼しい。冬は極寒で雪や凍結が多いらしい。
深海、真珠、珊瑚、虹河、葉花、奏芽、桐流、紗結良、氷河、知草、杏、高遠、雨春の故郷。

水流の青龍(すいりゅうのせいりゅう)

世界四大秘宝の一つ、珊瑚の指輪を守護する四聖神の一体。
森羅万象あらゆるものを無に帰す青い龍。

珊瑚の指輪(さんごのゆびわ・コーラルリング)

蒼海の秘宝。所持者は真珠。契約を交わした者の魔力を吸い取り、制御することで力を発動する仕組みになっている。
指輪には変幻自在の水の精霊・珊瑚が宿っており、彼女が指輪の状態で存在しているときのみ魔力の調節が可能。
ゆえに珊瑚が外界に留まれるのは一日わずか3.5時間だけという制限がある。
発明者は虹河だが、一般には公にされていない。

四方星(しほうせい・テトラスター)

真珠の左眼の下にある紫色の十字型の模様。魔力を吸い取り、命を削る暗黒魔法の呪文が刻まれている。
蒼海樹海牢の監獄で珊瑚と契約を結んだ際に浮かび上がってきたものらしい。
珊瑚の指輪所持者の証。

紅紋様(こうもんよう)

真珠の左腕に刻まれた紅色の魔呪印。四方星の焼印と同様、魔力を吸い取り、命を削る暗黒魔法の呪文が刻まれている。
蒼海樹海牢の監獄で付けられたらしい。
正体は六幻刻印術、第六ノ幻・枯渇の呪印。

蒼海真珠海の悲劇(おうみしんじゅかいのひげき)

10年前に蒼海の国で起こった事件の名称。
不安定だった真珠の魔力が暴走し、深海の両親である蒼海の国王と妃が命を落とす大惨事となった。
その事実は、後に深海の配慮で戦争で劣勢を強いられていた蒼海が壊滅的な打撃を受けたという表向きの文献に書き換えられている。
真珠は深海に負い目を感じているが、深海は不慮の事故だと思っており、二人の間に亀裂はまったくない。
この事件がきっかけで真珠は魔力を吸い取る焼印と呪印を刻まれ、珊瑚との契約を結ぶことになる。
真珠自らが戒めとして事件の名称に自分の名を入れるよう懇願したため、この呼び名が広まったらしい。

蒼海樹海牢の監獄(おうみじゅかいろうのかんごく)

蒼海真珠海の事件を起こした罪で真珠が長年幽閉されていた暗黒の牢獄。
一度入獄すると命が尽きるまで出ることが出来ないと言われている絶対的闇の空間。
強制的に魔呪印と魔封じの鎖により、一切の自由を奪われる。
深海が熱心に面会に通い、番人と交渉を続けたことによって、真珠は魔力の制御と呪印の発動を条件に釈放を許可された。
以来、真珠は深海に対して絶対的忠誠を誓っている。
ちなみに、当時の番人は玉珠鎖の長・地影であったことが知られている。
本来この地に立ち入れるのは魔導司法官だけであるが、深海と真珠の一件は特例らしい。
ごく稀に黒都の密偵が潜入しているという噂。

七里ア湖水地方(しちりあこすいちほう)

蒼海と風地の国境にある広大な湖水地方の名称。七里アと略されることもある。
かつては深海の実家だった王都が存在していたが、蒼海真珠海の悲劇以降、大部分が湿原となっている。
水流の青龍を祀った祠があり、最も大きな湖(七里ア湖)のほとりには深海の両親のお墓と慰霊碑があるらしい。

真珠海(しんじゅかい)

七里ア湖水地方の北部にある海洋領域。昼間でも氷点下数十度になる超極寒の地。
稀に流氷やオーロラが見られる。

真紅(しんく)

真珠の妹。故人。幼い頃に病気で早世した。
最期を看取ったのは地影と奏芽であり、地影の左耳のピアスは彼女の形見らしい。
生前、蒼海薬房で特殊なドナー登録に同意し、雨流れの制裁で左眼を負傷した地影に自らの眼球を提供した。

水蓮花(すいれんか)

桐流の武器の一つ。高密度の蒸気を凝縮した水蓮の花。
触れると一瞬で蒸発し、爆風並みの凄まじい気化熱を発生させる危険な秘術。

閃光の魔女(せんこうのまじょ)

紗結良の二つ名。闇を打ち消す数少ない対抗魔法、閃光属性の魔法を使いこなす。
極めて稀有な光の魔本と魔導書の詠唱術を習得している蒼海の大賢者。雨春の弟子の一人。
かつてはS級魔導司書の試験官を務めていたが、訳あって今は玉珠鎖の魔導司法官に転職している。
左腕に特殊な光の紋章が刻まれている。

蒼海の大賢者(おうみのだいけんじゃ)

三大賢者の一人で、紗結良の異名。
閃光の魔女と同義。

蒼海薬房(おうみやくぼう)

蒼海の国にある薬局兼診療所。深海が長年過ごした家でもある。開業者は奏芽だが、今は葉花が切り盛りしている。
ありとあらゆる薬品が置かれており、大抵の怪我や病気はここで治せるが、一部例外もあるらしい。解毒は出来るが、解呪は不可能。
近くに魔法農菜園があり、珍しい医療用食物や香草、薬草、食用花などが多数栽培されている。
現在、氷河がバイトとして雇われており、知草は薬師見習いとして居候中。

魔学医術(まがくいじゅつ)

魔法と医療の複合技術。薬師の資格を持つ者にしか扱えない。
奏芽はこの分野の最高権威者。

複転写の魔呪印(ふくてんしゃのまじゅいん)

奏芽の両眼に生まれつき存在しているという魔性の刻印。見たものの魔力や技、記憶などを複写し、それを別の形で転用することが出来る眼力。
遮光により発動は抑えられるが、確実ではない。魔学医術を施すと、高確率でその対象に何らかの形で後遺症が残ってしまうらしい。

二種混属性(にしゅこんぞくせい)

二種類以上の魔属性が体内で同時に存在している状態。極めて稀な現象。
深海、真珠、夜白、地影、桐流、弥実、夏梅、麗嵐、楊好、雛菊、雨春らがこれに該当する。
本来、個体が生まれながらにして有することが出来る魔属性は一種類だけのはずだが、何らかの要因で複数の属性が混在することもあるらしい。
混属には先天性と後天性があり、発現の仕方も自然的、経時的、遺伝的、人為的など様々。
組み合わせによっては身体に極度の負担を強いるため、現在故意に二属性を得ようとする行為は玉珠鎖の法で固く禁じられている。
一般的に混属する二属性はほぼ一定の確率で同時に存在するが、稀に転属という特殊な現象が発現することもあるらしい。
詳しくは「火眩」のページを参照。

草花(そうか)

植物を自由自在に操る能力。または、植物の力を借りることで自身の魔力を発揮する属性魔法の一種。
奏芽、葉花、知草、小凜、桜夜、木花、楊好、雛菊らがこれに該当する。薬師に必要な能力の一つでもある。
あらゆる植物の意思を聞き取り、彼らと対話交渉することによって様々な医薬品や薬草などを作り出す特殊な秘術。
主に魔学医術や栄養薬学などの分野で注目されている。
稀に非合法薬物の原料となり得る禁断の植物も裏社会で流通しているらしく、取り扱いには十分な注意が必要。
雛菊は薬品だけでなく、猛毒も作り出すことが出来るらしいが、これは呉乃の犯罪掃討任務時にのみ与えられた特権である。
詳しくは「朱里」のページを参照。

深山木(みやまぎ)

知草がいつも身に付けている草花属性の帽子。魔力を秘めた不思議な素材で作られている。
先端が二つに分かれており、両側の丸い真綿の部分には特殊なセンサーが埋め込まれている。
耳に当て、言葉や思念で呼びかけることで植物との意志疎通を行うことが出来るらしい。

七里アの鍵(しちりあのかぎ)

氷河が持つ三葉型の鍵。氷結属性の魔導器の一種。色は金色。
超低温貴金属であり、氷河以外の者が触れると一瞬で凍結してしまう凄まじい冷気の塊。
生物から熱を奪い身動きを封じる他、魔氷石の製造や換石の術、魔氷粉の保管や召喚などが可能。
とある条件下で巨大な三葉型の黄金杖に変形する。
七里ア湖水地方で手に入れたものらしい。

魔氷石(まひょうせき)

七里アの鍵によって生み出される超低温の氷結鉱石。魔力を宿した氷の結晶。
硬度や大きさは様々だが、形状は基本立方体と鋭利錐体の二種類。錬成の具合によって凸型や凹型の程度は変わる。
主に自らの足場や防御壁などの結界を作るのに使われることが多く、空間に配置することで高低差のある場所にも自由に移動出来る。
結晶の内部では時の流れが一切変動しないため、万物の現状保存が可能。金庫にも禁固にもなり得る。
魔氷粉と呼ばれる特殊な氷の微粒子から作られるらしい。

魔氷粉(まひょうこ)

魔氷石の原料となる超低温物質。無色透明無味無臭。経口摂取すると一瞬で肺が凍結してしまうという危険な代物。
粉末の一部には水晶玉や高価な秘薬などの材料になる成分が混在しているが、常温ではすぐに融解してしまうため、採取は極めて困難。
普段は氷河が七里アの鍵で施解錠可能な異界の氷結領域に保管している。

換石の術(かんせきのじゅつ)

氷河の能力の一つ。あらゆる物体や流体を氷結して魔氷石に変える特殊錬成術。
生物を石化して意図的に時間を止めることも出来るが、それは現時点では禁術であるため、使用は不認可。

氷結鉱石(ひょうけつこうせき)

水を絶対零度で凍らせたもの。要するにただの氷。それ自体に魔力はなく、温度もそれほど低温ではないため、触れても特に問題はない。
氷河が趣味でオブジェなどを作る素材にしており、その完成度はかなり高いと評判。
稀に七里アの鍵で氷の表層に特殊な加工を施すことによって、魔氷石と同等の効力を発揮することがあるらしい。

石瑛(せきえい)

魔導器専門の武器職人。40代男。世界各国の市場に魔導器を卸しており、壊れた武器の修復なども請け負っている。対価は様々。
気難しくて頑固な職人気質だが、根はいい人らしい。
雨春や杏の両親とは旧友であり、彼ら亡き後は子供たちを引き取って面倒を見ている。
かつて雨春の武器グリモワール編纂の指南やら、虹河を一人前に育て上げたという伝説の発明家だが、あまり公にはされていない。


2011.11.28~2021.9.17

サイト内の絵や文の無断複製・転用は固くお断り致します。

  * 朱里  * 火眩  * 蒼海  * 風地  * 緑焔  * 霧賀  * 黒都

  Back